子供

善玉菌ってどんなもの?

腸内環境を正常にしてくれて、健康な体を維持するのに重要になるのが善玉菌です。
人の腸内には、実にさまざまな細菌が住んでいて、その数はなんと100兆個にものぼり、種類も100種類以上はあるとされています。
人によって、この細菌の種類には若干違いがあるようですが、その総数にはあまり差がないようです。

このおびただしい数の細菌を善玉菌と悪玉菌に分類しています。
人間の体にとって良い働きをする細菌を善玉菌と呼び、悪い働きをする細菌を悪玉菌と呼んでいます。
善玉菌は、腸の中を酸性にする働きがあり、外部からの有害な菌から守ってくれ、免疫力を高める働きがあります。

また悪玉菌が増えないようにバランスを取ってくれます。
善玉菌の種類には、ビフィズス菌や乳酸菌などがあります。
一方の悪玉菌は、腸内をアルカリ性にする働きがあり、腸内を腐敗させてしまいます。
そのため発がん物質や毒素のあるガスなどを発生させて、体の抵抗力を弱めてしまうのです。

便秘や下痢になるのも、この悪玉菌が増えることが原因です。
悪玉菌には、大腸菌やブドウ球菌などがあります。
この善玉菌と悪玉菌が腸のなかにバランス良く存在していれば健康な体が保てるのですが、偏った食事や肉類中心の食事、またはストレスなどで悪玉菌が優勢になっていきます。

こうなると、便秘などのさまざまな不快な症状が、体に現れてくるのです。
腸内バランスが健康な体には大切と言われるのは、このためなのですね。
腸内の善玉菌を増やして、いつも腸内を酸性に保つことが健康な体を作り便秘解消にもつながるのですが、善玉菌を増やすのに役立ってくれるのが、乳酸菌やビフィズス菌が豊富なヨーグルトやお味噌、キムチなどの発酵食品なのです。

また、善玉菌のエサになるオリゴ糖や野菜なども同時に摂取することで、効果的に善玉菌を増やすことができます。
野菜には食物繊維も豊富ですので、便秘解消には一石二鳥です。
便秘や下痢が続くようであれば、それは腸内環境が悪化してる、というサインでもあるので、食生活を改善して善玉菌を増やすことが便秘解消には大切です。

このページの先頭へ