子供

ストレス社会が便秘を引き起こす?

何日も何日も便が出てくれない頑固な便秘は、とても辛いものですね。
便秘解消のためには、まず食事を見直すことを考えますが、実は日常生活でのストレスもこの便秘の大きな原因となっているのです。
日常生活での過剰なストレスによって、自律神経のバランスが崩れるために、便秘になるのです。

ストレス社会ですので、多くの方が何かのストレスを感じながら生活してますが、ストレスによる便秘が悪化してしまうと、自律神経の乱れによる痙攣便秘になることもあります。
腸は実は第二の脳とも言われるほど、神経伝達物質が存在しているので、このような症状をストレスによって引き起こしてしまうのです。
血管や内臓の運動をつかさどる自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類に分けられています。

活動的な状態に体を働かせているのが交感神経で、体を休めるように働いているのが副交感神経です。
日常生活のなかで大きなストレスを感じていると、このストレスに負けないようにと、交感神経が活発に働き始めます。
このとき、腸や胃などの消化管の働きは抑制されることになります。
ストレスが便秘解消の妨げになっているのです。

一方、リラックスしているときには、腸や胃の消化管の運動が活発になります。
リラックスしていると便秘になりにくく、ストレスを感じている時には腸の働きが悪くなるので、これが続くことで慢性的な便秘になってしまうのです。
排便がスムーズに行われるためには、大腸の蠕動運動がきちんと働くことが大切なのですが、この蠕動運動は自律神経の影響をかなり受けているのです。

大きなストレスに晒されたままの生活をしていると、交感神経が活発になりすぎて、副交換神経とのバランスを崩してしまい、便が腸に停滞する状態を痙攣性便秘と言います。
ストレスによって起こる、この痙攣性便秘は、便秘と下痢を交互にくり返すことも特徴です。
ストレスを適度に解消することがこの便秘解消のためには大切ですので、趣味などをしてリラックス出来る時間を持つようにしましょう。

このページの先頭へ