子供

妊婦さんにおすすめの便秘解消方法

女性の多くが便秘で悩んでいますが、妊婦さんになれば、さらに便秘になる確率が高くなります。
それまで快腸だった女性でも、妊娠中には、どうしても便秘になりやすくなり、それまで便秘体質だった方は、さらに悪化することに。
ではどうして妊娠中には便秘になりやすいのでしょうか。

それは女性ホルモンが影響しています。
食べたものを肛門に送り出すための筋肉の収縮機能がホルモンの影響によって弱くなったり、消化管の運動に影響を与えている物質も減るために消化管の動きも弱くなるので、どうしても便秘になりやすい状態になるのです。
さらに栄養や水分までもがママからお腹の赤ちゃんに行きやすいようにと脳から指令がでるので、便の水分も失われやすくなり、便秘を悪化させることになります。

また子宮もお腹の中の赤ちゃんが成長するにつれて大きくなるので、直腸を圧迫するようになります。
これにより、腸の運動がスムーズにできなくなるんで、排便が困難になるのです。
このように妊婦さんには便秘になりやすい条件がたくさんあるのですが、この便秘を解消するためには、どんな方法があるのでしょうか。

市販の下剤などは、胎児への影響が懸念されるので、まずは産婦人科の先生に相談しましょう。
下剤は即効性があるので、辛い便秘をすぐに解消したい方にとっては有効です。
効き目も穏やかな漢方で作られた下剤を処方されることもあるので、産婦人科の先生に相談して薬を処方してもらうのがおススメです。

また毎日の生活では、ごぼうやさつまいも、レンコンやバナナ、リンゴなどの食物繊維が豊富な食べ物を積極的に摂取することと、水分補給をしっかりすることがおススメです。
また妊婦さんは出産に備えて適度な運動をすることが大切なのですが、便秘解消のためにも適度な運動を心がけることが大切です。
自分のペースでウォーキングをすれば、便秘解消にも効果があるのでおススメです。
またヤクルトなどの乳酸菌飲料などを摂ることも、体に負担をかけずに便秘解消に効果がありますよ。

このページの先頭へ