子供

妊婦さんでもOK!便秘解消の漢方

妊婦さんは体のホルモンバランスが大きく変化しますので、体にもいろいろな影響が出てくるのです。
このホルモンの影響で、便秘にもなりやすいので注意が必要です。
さらにつわりなどで食事の量が減ることや、運動不足も便秘の原因となっていきます。

妊婦さんは体が常にだるい、精神的にもきつい、方が多いですが、出来るだけ、便秘にならないように、食事などの生活習慣を整えて生活することが大切です。
しかし、どうしても便秘になったときには便秘解消のための薬を使うことも大切です。
体質には個人差がありますので、排便が4日に1回という方でも、その1回がスムーズで良い便が出るようであれば、特に問題ではありません。

しかし硬くて出にくい、痛みもある、などの症状があれば、それは便秘なので、早めの対策が必要です。
妊婦さんは、風邪薬でも便秘薬でもそうですが、市販の薬は避けましょう。
便秘が続くようであれば、まずは産婦人科に相談して、妊婦さんでも安全な便秘薬を処方してもらいましょう。

この時処方される便秘薬は、漢方薬であることが多いようです。
漢方薬は天然成分なので、便秘解消に穏やかに作用するので、妊婦さんでも安心して飲むことが出来ます。
しかし漢方薬でも「大黄」という成分入りのものは、刺激が強いので、便秘解消どころか下痢を起こしてしまうこともあるので、漢方の便秘薬であっても、まずは産婦人科の先生に相談してから、購入する方が良いでしょう。

特に妊娠初期には、便秘にもなりやすいのですが、お腹の赤ちゃんもまだまだ不安定な時期なので、便秘薬の種類によっては、流産や早産の原因となる可能性も多いにあるのです。
このような薬は最終手段ですし、何度も使うものではありません。
便秘にならないような食生活を心がけることがとても大切です。
野菜タップリの食事と水分補給、そして適度な運動も大切です。
体が辛いときには、どうしても食欲も落ちてしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちですが、元気な赤ちゃんを出産するためにも、食事と適度な運動で、便秘にならない体作りをしましょう。

このページの先頭へ