子供

便秘にはこんな食事を!

たかが便秘とそのまま放置しておくと、肌荒れや腹痛、体のダルさにつながり、さらには大腸がんなどのリスクもあるおても恐いものなのです。
毎日の快便はそのまま健康にもつながるので、便秘にならないような生活を常に心がけることがとても大切です。
便秘解消と切っても切れないものが、食事です。
食生活を改善することで、大半の便秘は改善されるものです。

便秘解消におススメの食事は、なんといっても野菜を多く食べることです。
野菜に多く含まている食物繊維は、不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維があります。
不溶性の食物繊維は保水性が高いので、胃や腸で水分をタップリと吸収して膨らみます。
これにより、腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にして、便秘改善につながります。

不溶性食物繊維を多く含む食品には、穀類や根菜、豆類などです。
一方の水溶性食物繊維は粘性の高いもので、胃腸内をゆっくりと移動して、食べ過ぎ防止のも役立ちます。
糖質の吸収を緩やかにしてくれるので、血糖値の急激な上昇を抑えるなどの効果もあります。

水溶性食物繊維は、昆布やワカメ、こんにゃくやくだものなどにたくさん含まれています。
これらの食物繊維を積極的に摂ることが便秘解消につながります

他にも腸内の善玉菌を増やして、腸内の環境を整えることも便秘を改善するためには、非常に大切なことです。

腸内の善玉菌が優勢であると、蠕動運動が活発になり、スムーズに便が出るようになり、体も健康になります。
善玉菌の代表は乳酸菌で、ヨーグルトやチーズ、お味噌やキムチなどの発酵食品にたくさん含まれています。
また、乳酸菌のエサとなるのが食物繊維やオリゴ糖です。

食物繊維もオリゴ糖も野菜などにたくさん含まれる栄養素です。
便秘の改善と、予防には、発酵食品と野菜や海藻類などを、毎日の食事で積極的に摂ることが大切です。
さらに1日3食を決まった時間に食べることや、水分をしっかり摂ることも大切で、特に大切になるのが朝食と朝一番の冷たいお水です。
腸が刺激されて蠕動運動がスムーズに行われるようにサポートできます。

ここでは、食事面での改善方法を紹介しましたが、食生活の見直しだけでなく運動不足も解消した方がより効果を実感できるでしょう。
便秘解消エクササイズのやり方はこちら。
便意を感じたらすぐにトイレに行く習慣づけも大切ですよ。

このページの先頭へ