子供

便秘を放っておくとどうなるの?

便秘とは、人によってその認識が少しづつ違うようですが、これは排便の回数や量が少なくなるなどの、排便が困難になる状態を指します。
長時間、便が腸に留まる状態のことで、3日か4日以上、便が出なければ便秘だと言えるでしょう。
しかし、この排便には、個人差も大きいもので、通常であれば、毎日1回の排便があることが理想的ですが、排便が1日1回なくても便秘とは一概には言えません。

2,3日に1回程度の排便であっても、その1回の排便がとても気持ち良い便がスッキリと出るのである場合には、便秘とは言えないでしょう。
便秘の症状としては、便が硬かったり、便が出にくい、苦しい、便の量が少なく、コロコロと硬い、といったものが挙げられます。
このような便秘は誰しもが経験することではないでしょうか。

いつでも毎日快便であることに越したことはないのですが、便秘はストレスなども影響してくるので、さまざまな要因で便秘になることがあります。
短期間での便秘であれば、大きな問題になることはないのですが、これが慢性化してしまうと大変なことにもなりかねません。
便秘は万病の元とも言われているくらい、とても危険なものでもあるので、そのまま放置しておかずに、便秘かな、と思ったら、早めに便秘解消のための対策を行うようにしましょう。
普段の生活の中でも便秘解消方法はたくさんあります。

では、便秘をそのまま放置しておくと、どうなるのでしょうか。
長時間、便が腸内に留まることで、それらがどんどんと腐敗していき、毒素を発生させます。
この毒素が血液を通して体全体に流れていくので、体にはさまざまな症状となって現れるようになります。

具体的には、肌荒れや、腹痛、頭痛や腰痛、食欲不振や冷え性、肥満、アレルギーなどの症状が現れるようになっていきます。
これらの症状は、病気ではないものの、体調が優れず、気持よく生活できないものです。
また悪化することで、大腸ガンなどにもつながるとても恐いものなのです。
快便であることは、イコール、健康な体であることの証明でもありますので、便秘解消を意識し食べ物や生活習慣などに気をつけて過ごすことが大切です。

このページの先頭へ