子供

偏食と便秘の関係

好きなものしか食べない、という偏食の方は、どうしても便秘になりやすくなります。
肉が大好きで、ご飯や野菜などをほとんど食べない、という方も多いようで、そんな方は当然ですが、どうしても便秘になりやすくなります。
便は、毎日食べる食事のカスですから、スムーズな便を出すためには、毎日の食事内容がとても大切になるのです。

肉などの動物性の食べ物ばかりを食べて、野菜や果物などの食物繊維を食べないでいると、腸内環境もどんどんと悪化していきます。
そうなるとますます便秘が頑固になって、肌荒れや、体調不良など、体にも悪影響が出てくるようになります。
特に小さい子供には、野菜嫌いが多く、偏食になりがちです。
またインスタント食品やファーストフード、そして甘いお菓子などが大好きで、これかを食事代わりに食べているような子供もたくさんいるようです。

忙しく働くお母さんが、ついつい子供達に手軽に与えられるこれらの食品を食べさせることが子供の偏食にもつながっているようです。
野菜が不足したこのような食生活を続けることで、カロリー過多になり、肥満にもなるでしょう。
子どもたちに生活習慣病が増えているのも、こういった偏食が原因となっているのですね。

子供の便秘解消・肥満予防には、まずは出来るだけ手作りの食事を食べさせてあげることが大切です。
しかし野菜が嫌いでどうしても食べてくれない、といった子供も多いでしょう。
そんなときには無理やり食べさせるのではなくて、果物やヨーグルトなどを食べさせるようにしてみてはいかがでしょうか。

果物にも食物繊維は豊富ですし、ヨーグルトには、腸内をキレイにしてくれる乳酸菌が豊富です。
どちらも便秘解消には効果的です。
またさつまいもやニンジンなどを使ったおやつなどであれば、野菜を喜んで食べてくれるでしょう。
偏食と便秘には深い関係があります。
偏食をそのまま続けていると、便秘が慢性化して、健康を害してしまうので、野菜嫌いを克服するための努力をしていきましょう。
野菜を好きになることが便秘解消につながるのです。

このページの先頭へ